logo
Home

映画 センチネル

プロフェッサーXは、世界最強のテレパス。他人の精神を「自在にコントロール」する能力がある。具体的には、 1. 『 ザ・センチネル/陰謀の星条旗 』(ザ・センチネル いんぼうのせいじょうき、原題: The Sentinel )は、 年 公開の アメリカ映画 。. 腕力・俊敏性 4. 怪力 能力だけでなく、強さ自体もウルヴァリンと互角でしたが、機転を利かしたウルヴァリンがギリギリのところで勝利。レディ・デスストライクは死亡しました。「感情や知性に乏しいところ」が欠点だと言えますね。 アダマンチウムの爪も、ウルヴァリンより「女性的」な見た目をしています。.

リーチの能力は、周囲のミュータントの能力を「無効化」すること。 映画ではまだ子供だったので戦闘力はほぼ0でした。しかし、能力だけ見ると明らかに特異で無敵です。 映画 センチネル リーチの能力を利用して人間が作り上げたのが「キュア」という対ミュータント治療薬。キュアは注射だけでミュータントの能力を殺せる最強の武器となりました。 リーチだったらアポカリプスと接近しても無効化で負けないでしょう。 遠距離からの攻撃を受けない限りは・・・・・・。 能力自体は最強だけど、使いこなせてないのでAランクです!. 超人的な腕力・耐久力 ・スピード 2. ミスティークの能力は、卓越した「変身能力」です。 b見た目だけじゃなく声や服装までも、完全再現ができてしまいます。そのため、スパイ活動をすることが多い。 しかし、相手の能力まで再現できるわけではないので、いざ戦闘になると「対人格闘術」だけで戦うことになる。その点で、そこそこ戦えはするが、戦闘能力自体はあまり高くない。 見た目にコンプレックスがあるので、見た目を認めてくれるマグニートーをしたっている。 原作コミックスでは、ナイトクローラーという息子がいます。映画では生かされてない設定ですが、「彼の肌が青い」のはそのためです。. ウルヴァリンの生まれ持った能力は、超回復能力「ヒーリングファクター」と出し入れできる骨の爪「ボーンクロー」だけ。 それでもウルヴァリンはとても強く、セイバートゥースと共に、1861年から戦い抜いてきました。やがて人体実験により、ウルヴァリンは最強の金属「アダマンチウム」の骨格と爪を手に入れます。 アダマンチウムは、滅多なことでは壊れないので、アダマンチウムさえ無事なら、肉体が滅びようが「ヒーリングファクター」で蘇生することができる。 要するに「不死身の肉体」がウルヴァリンの最大の武器であり、強みなのです。 回復能力を持つミュータントは他にもいますが、肉体が消滅するほどの攻撃を受ければ、ウルヴァリンのように復活することはできません。 ちなみに、レディ・デスストライクというヴィランは、ウルヴァリンと全く同じ能力を持ったミュータントです。. 映画 センチネル X-MENのSランクヒーローの一覧 2.

1: 無名のガンダム乗りさん /04/01(月) 13:22:46. ボーンクロー ただしウルヴァリンより爪は短く、さらにアダマンチウムの骨格も持っていない。ウルヴァリンに比べればはるかに弱いが、ヒーリングファクターだけでも相当な強さであることには違いない。 ちなみに、映画第1作目『X-メン』に出てきた、セイバートゥースはなぜか野獣化し、能力も雑魚化している。→X-MEN映画は矛盾と謎が多い?辻褄が合わないところ9つを解説. 身体をダイヤモンドにする「ダイヤモンドフォーム」 2. 精神力でつくった剣「サイキックナイフ」 という感じ。映画『X-MEN: ファイナル ディシジョン』においては、マグニートー側のヴィランの1人に過ぎず、能力もテレポートするだけの地味な役割でした。 『X-MEN: アポカリプス』では一気に強くなり、原作コミックスの設定に近づく。エネルギーを剣や鞭に変える「サイキックナイフ」を使い、X-MENたちと戦いました。日本刀も使い、剣術も得意です。.

『X-MEN: ファーストジェネレーション』に出てきたヴィランで、ラスボス。 それがセバスチャン・ショウです。 能力は単純で「あらゆるエネルギーを吸収する」というもので、 この能力によりセバスチャン・ショウは誰からどんな攻撃を受けてもノーダメージで、取り込んだエネルギーも自分のモノとして放出することができます。 若い頃のマグニートーをまるで「赤子」のように扱うなど、とてつもない強さですよ。 セバスチャン・ショウはマグニートーと同じように、テレパス(プロフェッサーX)対策として特殊なヘルメットを被っています。 ヘルメットがなければ、プロフェッサーXには歯が立たないようです。. ザ・センチネル 陰謀の星条旗 dvd マイケル・ダグラス (出演), キーファー・サザーランド (出演), クラーク・ジョンソン (監督) & 0 その他 形式: DVD. エマフロストの能力は、 1.

CV:レナード・ニモイ/吹:勝部演之 実写版3作目『ダークサイド・ムーン』にて登場した老齢のトランスフォーマー。前作の『リベンジ』においても、キューブの影響で「ラリ」って講義中に暴走するシーンでサムが彼の名を口にしている。 モデルはG1のアルファートリンとショーン・コネリー。そのため初期設定ではコネリーが声優の候補にあがっていたが、最終的にはマイケル・ベイの親戚かつ『ザ・ムービー』でガルバトロンを演じたニモイとなった。 オートボットの偉大なるリーダーであり、オプティマスの先代のプライムで大事な師匠。空港などで活躍するローゼンバウアー社製パンサー化学消防車に変形する。武器は双刃刀「プライマックスブレード」と身の丈の半分ほどもある盾「エネルゴン(エナジョン)シールド」、そして宇宙錆(コズミックルスト)を濃縮した弾丸を放つ腐食銃。 本作では、彼が発明し所持していたガジェット「スペースブリッジ」が物語の鍵となる。サイバトロン星が戦禍に覆われた際、スペースブリッジを積んだ宇宙船「アーク」で脱出。しかし、その途中でスタースクリーム達の攻撃を受けた宇宙船が大破し月面に不時着した為、船内で仮死状態となる。 オートボットの宇宙船の存在を知ったオプティマスにより月から発見・救出され、前作『リベンジ』で登場したマトリクスの力により復活した。 彼はサイバトロン星を壊滅させた戦争に心を痛めており、誰よりもサイバトロン星を愛し戦争終結を望んでいる。地球の自然を目の当たりにして感動したり、マトリクスを献上しようとしたオプティマスを諭すなど、プライムに相応しい風格を見せた。 ※この下には映画のネタバレが含まれています。 しかしその実態は、故郷のサイバトロン星を復興させる為に(サイバトロン星を脱出する以前から)ディセプティコンと手を組んだ裏切り者。事実、中盤で本性を現してアイアンハイド(アメコミ・小説版ではツインズも)を腐食銃で撃ち抜いて殺害し逃亡した事からオートボットは見捨てたも同然の扱いをしている。 彼の目的は地球を植民地化し、サイバトロン星をスペースブリッジで地球の軌道上に転送して、地球人をサイバトロン星再建のための奴隷としてこき使う事だった。本来はメガトロンがオールスパークを入手して地球を制圧した末に行う予定だったようだが、肝心のオールスパークは失われてしまい、ディセプティコンはマトリ. 『センチネル』は1977年の映画。『センチネル』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画. . 株式会社スティングレイさんから年3月19日発売の「センチネル特別版」のDVDが本日、宅急便でやって来ました!「うれしい~っ!!」封入特典のリーフレットに、アメリカのTV公開版のコトが詳しく書いてありました!!いつもいつも、スティングレイさんのDVDについているリーフレットは. ジーン・グレイの能力は、「テレパシー」と「サイコキネシス」です。 ジーンは能力が覚醒するとフェニックスとなって最強ですが、プロフェッサーXが封じ込めていて、小さなパワーしか出せずコントロールも出来ません。 映画 センチネル 単純なテレパシーならできるので、プロフェッサーXの不在時になると頼りになる存在になります。 「潜在能力が高すぎる」ゆえの不遇なキャラクターですね。. IDWパブリッシングのアメコミ『メガトロン・オリジン』などに登場するコンボイの先々代のプライム。オートボット総司令官でありながら、劣った物に変形するトランスフォーマーを見下す差別主義者で、同じ差別主義者の上院議員達とともに腐敗政治を行い、サイバトロン星での貧富の差などを生み出した。 映画 センチネル しかし、そんなやり方がメガトロンとディセプティコン軍団の誕生のきっかけとなり、制圧しようと試みるも仲間の上院議員達は皆殺しにされ、彼自身もエイペックスアーマーを纏って戦うも、最終的にはメガトロンの前に敗れ去った。 オルトモードは装甲車であり、エイペックスアーマーを装備した姿はもろに勇者ロボのグレート合体(アーマー側に人型形態と意思があるかは不明)を思わせる重装備と無駄な格好よさであったが、実戦経験は剣闘士として鉄火場をくぐりぬけて来たメガトロンにはるかに及ばなかったのが敗因だろう。なお、同じ高官であったラットバットやプロテウスに比べるとはっきり言って人気はイマイチなのは、脳筋的思考が目立つ上に作中でのキャラの掘り下げが浅く美形でないからであろうか。ちなみにプロールは彼の秘書であった。 その後の歴史では、オートボット・ディセプティコン双方の視点からももっとも暴虐なプライム、かつメガトロンに立ち向かった英雄という、矛盾した存在として名を残し、その遺体の頭部の行方は解らなくなっていた。. ジーン・グレイが本来のパワーを取り戻し、誕生したのがフェニックス。 あまりの強さにそれ以外の全ミュータントが「雑魚」になっちゃった。強すぎ、怖すぎ、です。(シリーズ3作目、映画『X-MEN: ファイナル・ディシジョン』にて) 能力的には、 1. サイクロップスの能力は、破壊光線「オプティックブラスト」を目から放出すること。 能力としては、たったこれだけ! しかも「オプティックブラスト」を自分の力でコントロールできておらず、特殊なサングラスやバイザーで制御しています。 この破壊光線は攻撃力がありすぎるため、戦力としては十分すぎる強さがあります。映画シリーズの初期は、サイクロップスがX-MENのリーダー的立場も担っていました。 ちなみに、同じ「オプティックブラスト」の能力を持つハヴォックというミュータントがいますが、彼はサイクロップスの兄です。(原作コミックスでは弟)。サイクロップスの本名がスコット・サマーズ、ハヴォックの本名がアレックス・サマーズですね。.

俺ならセンチネルの軍団とも楽しく会食 やっぱできへんゴメソ 21 名無シネマさん (長屋) /05/03(金) 17:57:24. 幻覚を見せる 2. エネルギー吸収・放出 5. 影をつたってテレポートする 2. X-MENのAランクヒーローの一覧 3. サンスポットの太陽エネルギーを受けると、アイスマンのような氷の能力になる 2. 『ザ・センチネル/陰謀の星条旗』(ザ・センチネル いんぼうのせいじょうき、原題: The Sentinel)は、年公開のアメリカ映画。. デッドプールは、不死身の肉体「ヒーリングファクター」を持っています。 これは後天的に手に入れた力なので、元人間のミュータントで、能力的にはアダマンチウムを持っていないウルヴァリン、という感じ。能力と引き換えで外見が醜くなってしまったので、マスクで顔を隠しています。(その原因となったエイジャックスを恨んでいる) 銃や日本刀が武器で、腕前は達人レベル。さらに、映画でもコミックスでも「第四の壁の突破」という能力を持っていて、読者に直接話しかけることができる。 映画『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』の中のデッドプールは、サイクロップスの能力「オプティックブラスト」やウルヴァリンの「アダマンチウムの骨格と武器」、さらにはテレポート能力まで持っていたが、原作と矛盾が酷すぎたためX-MENの歴史上、無かったことになっている。.

See full list on dic. . アークエンジェルの能力は、生まれ持った翼による飛行能力です。 初登場時は「ただ飛べるだけ」のミュータントで、戦闘力的には雑魚でしたが、それでも飛行能力は大きなアドバンテージでした。 その後、『X-MEN: アポカリプス』に再登場し、今度は鋼鉄の翼を手に入れ、翼で叩きつけたり羽の1本1本を相手に飛ばしたりと、能力的にもグッと強くなっていました。アポカリプス側のヴィランとして大活躍。 ヒーローなのかヴィランなのか、映画シリーズ的には怪しいですが、最初はヒーロー寄りだったので、こちらに分類しました。. 目の前にある物や人を見えなくする。 4. 超人的な回復力・不老不死 映画 センチネル という感じ。 映画 センチネル アポカリプスのこれらの能力が、映画の中でもX-MENらに、猛威をふってるわけです。 「肉体構造変化」というのもあって、腕を伸ばしたり巨大化したりもできるみたい。自分の体の分子構造を変化させるそうです。 世界全体の構造を変化させるフェニックスの能力には劣るかもしれませんが、単純な能力のパワーは凄まじいものがあります。 bアポカリプスはテレポートやテレキネシスなど、他のミュータントらの能力をだいたい使えるわけですからね。.

センチネル人以外の者が上陸しようとすると矢で追い払うという。 原始的な生活をする部族が住む島に上陸して、キリスト教を布教しようと試み. CV:/吹:諏訪部順一 『アニメイテッド』ではオートボット軍のエリートガードの一人。日本語版ではオプティマスプライムとの混同を防ぐ為か、単にセンチネルと呼ばれる。アゴアニメで有名な『アニメイテッド』の面子の中でも抜きんでてアゴがでかい。 サイバトロンモードでは六輪車に変形し、地球のビークルをスキャンしたアースモードでは雪かき用ブレードを装備したモンスタートラック(大型除雪車)に変形する。ロボットモードでは槍と盾を武器に戦う。性格は短気でキレやすくプライドが高い。その上いざという時にビビるなど、どう見ても小物です本当に(ry かつてはオプティマスの親友であり、女性型トランスフォーマー・エリータ1との3人でチームを組んでいたが、とある任務でエリータ1を失い、オプティオマスとは険悪な関係になる。また、この不幸な事件がきっかけで有機生命体への拭えない嫌悪感が芽生えてしまい、地球人などの有機生命体を蔑視するようにもなった。 ただ、その一件に関してはオプティマスだけでなく自分にも非があることはハッキリと自覚しており、オプティマスも昔からの付き合いな上にそこら辺を重々承知している為か、「本当はいいやつ」と評している。 その後しばらくは険悪な関係が続いたが、ピンチの際に助けてもらったのを契機に少しづづではあるが関係は改善されていき、物語終盤になってようやく和解できた。 総司令官であるウルトラマグナスが倒れた物語終盤では、彼に代わり司令官代理としてオートボット達を指揮する事になる。 その性格からか、からかわれやすく不憫な目に遭う事も多い。特に、部下であるジェットツインズからは逆さに呼んでルネチンセと呼ばれ、からかわれている(ちなみにツインズの中の人達は前科持ち)。. ジェフリー・コンヴィッツのオカルト小説『悪魔の見張り』を、このテの作品には珍しいM・ウィナーが監督。製作・脚本もコンヴィッツとウィナーの共同というのだから、両者の気の入れようも判るというもの。ただし、完成した作品がそれを反映しているかというと、いささか怪しいのだが.

X-MENのAランクヴィランの一覧 8. X-MEN ディストピア ポストアポカリプス スカイネット、ウルトロン. センチネル(1977)の映画情報。評価レビュー 23件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:クリスティナ・レインズ 他。 舞台はニューヨーク。ファッション・モデルの主人公は、越して来た古風なアパートの最上階に、いつも窓の外を眺めている盲目の神父がいる事を知る。. 遠隔的な意思疎通(テレパシー)。 3. 」のクラーク.

テレキネシス 6. X-MENのSランクヴィランの一覧 7. サイリーンの能力は、超音波を放つこと。「ソニック・スクリーム」と呼ばれています。 映画に登場したサイリーンは、まだ子供で守られる側のミュータントでした。コロッサスに抱っこされて、運ばれていましたね。 サイリーンは、バンシー(映画『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』に登場)の娘です。能力も同じですね。同じDランクですが、バンシーよりもさらに弱いミュータントです。. 現実を思いのままに変えられる というもの。 「思うだけ」で自動車が宙を舞い、物質が塵(ちり)になり、生物も消滅する。 この能力的には無敵ですよ、完全に。 アポカリプスでも勝てないんじゃないかなとか思っています。 ただ、能力的には無敵だけど勝つ方法はある。アダマンチウムの骨格さえ無事なら死滅せずに肉体が復元されるウルヴァリンが、ジーン・グレイと対話しつつフェニックスを殺せたので。 映画の中のヴィランとして、フェニックスはそういう魅力的な存在になっていますね。.

ガンダムセンチネルは昔、ova化の話がありましたが実現しないまま現在に至ります。 ガンダムマーク5との激闘はアニメで見たい。 複雑な版権の問題が解決してガンダムファン待望の映像化が実現することを期待しましょう!. セイバートゥースが、ウルヴァリンとほぼ同様の能力を持つミュータント。 1. 「ザ・センチネル 陰謀の星条旗」の上映スケジュール・上映館・あらすじ・感想レビュー・みどころ・スタッフ・キャスト・予告篇を紹介します。ザ・センチネル 陰謀の星条旗の上映時間までに映画館に間に合う乗換案内も提供。.

精神攻撃。 5. 超回復能力「ヒーリングファクター」 2. 近くのミュータントを感知する という感じ。 しかも能力を増幅する装置「セレブロ」を使うことで、世界中のミュータントの位置を把握することができてしまう。 映画『X-MEN2』においては、セレブロを使って、全人類と全ミュータントを死滅させるほどのパワーを見せつけてきました。 つまり能力的には全人類を滅ぼすことも可能ということ。ま、この時のプロフェッサーXは、幻覚で操られた状態でしたけど。 ただし、精神支配を防ぐための特殊なヘルメットを被っているマグニートーとセバスチャン・ショウには、能力が効かない。. 毒への耐性 3. 当初ボリヴァーはミュータント全てを人類を滅ぼす悪と見做していた。ビーストを捕獲して頭脳を覗き込む事でミュータント能力を人類の平和に役立てるX-MENの存在を知り、理解を示したのだが、もっと早くX-MENと会っていれば・・・。 X-MENに遭遇するまでに多くのミュータントを実験で死に追いやっているのだが、実は反ミュータント主義者の中では(標的をミュータントに絞っている分だけ)まだマシ。ウィリアム・ストライカー、ドナルド・ピアースといった他の反ミュータント主義者はミュータントを絶滅出来るのであれば人類滅亡も厭わない危険な思想の持ち主ばかりである。 その後自らの命と引き換えにマスターモールドの暴走を止めた。しかし、センチネルの設計図は軍関係者及び他の反ミュータント主義者の手に渡り、ボリヴァーが不在の状態でセンチネルが大量生産され続け、マスターモールドも外見が人間と全く同じ”バスチオン”として転生、後述の実写映画版で挙げた通り最終的に文明荒廃した。ボリヴァーの捨て身の行動は犬死に且つ非業の死となってしまった。実に報われない。 実写映画版では重要なキーパーソンとして登場し、彼の生死が人類の存亡に深く関わっている。 適者生存を掲げる悪のミュータント”アポカリプス”に支配された平行世界が舞台の『エイジ・オブ・アポカリプス(A. テレポート 4. 。 1. センチネル (マトリックス) - 映画「マトリックス」 に登場するロボット。 センチネル・プライム - タカラトミー の玩具シリーズ『 トランスフォーマー 』に登場するキャラクター。.

とし104の気ままに映画プログ2 ブログの説明を入力します。B級な映画や主にホラー映画を自分の独断と主観でupさせていただきます♪そんなに投稿マメではないですが、よろしくお願いします。. センチネル・プライムは実写映画『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』に登場するキャラクター。 所属: Autobots/オートボット 役職:元総司令官. こちらも元は人間を敵の脅威から守るために作られた人型兵器であり、最終的に「敵を生み出す可能性のある人間も敵と見做す」という拡大解釈を行なってしまった。 鉄腕アトム:青騎士編で特定のロボットを「青騎士型ロボット」として捕獲・破壊が行われており、センチネルのプログラム拡大解釈と類似した出来事が起きている。それが元で青騎士(キャラポジションはマグニートーに相当)はロボタニア(ロボットのユートピア)を建国し、人間とロボットの全面戦争に発展する。青騎士編自体手塚治虫版X-MENと言っても過言ではない。.

容姿の出展はマーヴル格ゲー『X-MEN』より。 『1』で隠しパートナーとして初登場した後、『2』でプレイヤーキャラクターとして再登場。当初は当たり判定の大きい鈍重なイメージを持たれていたが、飛行能力の活用法を見出されると一変して最強キャラ「四強」の一角に登りつめた。他3人はストーム、マグニートー、ケーブルで、前2者はセンチネルに一歩劣るが、逆にケーブルは空中射撃を得意とし、アーマー持ちが仇となって多段ヒットしてしまう為センチネルにとって天敵である。 『3』では当初は全キャラ1位の体力を誇ったが、改良版の『ULTIMATE3(UMVC3)』で体力を一気に3割減らされる弱体化が施された。ちなみにUMVCの体力1位はマイティ・ソー。 センチネルのエンディングはギャラクタス撃破後、マスターモールドのアップデートを経て、ミュータントのみならず、様々な職種の人間・他の種類のロボット、そして神族をも絶滅対象とし『デイズ・オブ・ヒューチャーパスト』の未来世界の再現となった(. スペルは「Sentinel Prime」。作品によってその容姿や性格、作中の役割などは異なるが、多くは正義のトランスフォーマー・オートボットのプライムリーダー(指導者)であり、同じくプライムリーダーであるオプティマスプライムとは関わりの深い人物として描かれている。 本格的に登場したのは『アニメイテッド』からだが、実は『』で既に名前が出ている。といっても、過去にマトリクスを受け継いだ存在(プライム)として、ロディマスコンボイに忠告した一人に過ぎない。当の本人はコンボイどころか彼を生み出したアルファートリンよりも更に過去時代の人だった。なお、この設定の一部を実写映画版は引き継いでいる。. (ネタバレ)『ザ・センチネル・・・』 ~陰謀とか言う前に大スキャンダルやろ! テーマ: 映画館で観た映画(7888) カテゴリ: 映画関連鑑賞記. ストームの能力は、簡単で、「天候を操る」というもの。 1. ザ・センチネル/陰謀の星条旗()の映画情報。評価レビュー 329件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:マイケル・ダグラス 他。 レーガン大統領を暗殺者の魔の手から救ったこともあるベテランのシークレット・エージェントが、大統領暗殺計画の汚名を着せられるサスペンス. 精神攻撃を行う「テレパシー」 の2つ。 身体をダイヤモンドにすることの最大のメリットは、高い防御力で、戦闘において非常に有効な能力。さらに「テレパス」としても優秀で、プロフェッサーXには及ばないものの、精神攻撃やマインドコントロールを行うことができる。 映画では、セバスチャン・ショウの側近として活躍しました。エマフロストがなぜか続編で若返っている矛盾についてもまとめてあります。. どころかX-MENでのエンディングより解釈規模が大きくなってしまった)。 詳細は各種攻略サイトを参照。 ちなみにトロンのエンディングではコブン43号としてスカウトされている。 本記事のメイン画像はMVCシリーズ用に用意されたゲームオリジナルデザインである。.

金属ミュータントのコロッサスと戦うときは、センチネルの身体も金属に 4. X-MENのDランクヴィランの一覧 X-MENの登場人物(ヒーローとヴィラン)を、それぞれ「Sランク」「Aランク」「Bランク」「Cランク」「Dランク」に分けてあります。 評価の基準は能力と、その強さのレベル。客観的な評価を心がけますが、映画描写から判定している要素もあるので、Twitterなどから異論やアドバイスをもらえると嬉しいです。 映画が見たい人は「U-NEXT」というサイトで『X-MEN』が配信されています。こちらは年11月24日までの期間限定配信。2作目の『X-MEN2』は年12月8日までの配信です。 3作目『X-MEN:ファイナル ディシジョン』は年12月1日まで。4作目『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』は年12月15日まで。6作目『X-MEN:アポカリプス』も年12月頃まで視聴できます。 ただし、5作目の『X-MEN:フューチャー&パスト』は年7月5日までの配信です。X-MENを一気に視聴したい人は早めに「U-NEXT」をチェックしてみてください。31日間の無料トライアルもあるのでおすすめです。 ちなみに『X-MEN』のストーリーや時系列は『X-MEN映画を観る順番。全10作品を時系列と公開順でまとめ!』という記事で把握できます! というわけで. 『x-men:フューチャー&パスト』に登場する、x-men史上最恐の敵、センチネルの姿が遂に明らかになった。画像の向かって右が1973年、左が年の. 今回のレビューは、トランスフォーマー スタジオシリーズ より、“SS-49 センチネルプライム” です。 実写映画第3作、“トランスフォーマー ダークサイドムーン” に登場した先代のプライム、“セン. X-MENのBランクヴィランの一覧 9. ザ・センチネル 陰謀の星条旗の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。シークレット・サービスが大統領警護の任務に就いて.